【ディズニー好きは必見】お家でゆったり癒しのラグ

部屋

シングルよりも小さい

寝る人

魅力と選ぶときの注意点

セミシングルベッドとは、シングルベッドよりもさらに幅が小さいベッドのことです。基準があるわけではないので、購入するときはその都度サイズを確認しなければなりません。よくあるセミシングルベッドのサイズは、横幅80センチ、縦幅200センチというものです。セミシングルベッドはシングルベッドよりも小さくなるので、その分空間を有効に使えます。部屋が狭かったり、空間を有効に使いたかったりする場合にはおすすめです。ただ、幅が狭い分寝返りなどが激しいと落ちてしまったり窮屈に感じたりするおそれがあります。華奢な人や子供ならば不都合ではないことが多いですが、購入する前はきちんとサイズ感を確かめてから購入しなければなりません。華奢の人でも、寝相が悪い人はあまりおすすめできないので注意が必要です。また、セミシングルベッドを二つつなげるとクイーンベッドというダブルベッドよりも大きなサイズのベッドにすることができます。クイーンベッドならば大人二人がゆったりと寝られますし、子供が小さければ三人で寝ることも可能です。いずれそのような形で使うことを考えているのであれば導入するのもよいでしょう。セミシングルベッドを選ぶときは、まずサイズ感をチェックするのが最重要です。寝にくくないかを実際に寝転がってチェックしてみましょう。寝返りもうってみて、窮屈でないか、落ちそうでないかも確認します。値段と空間を優先して寝心地を落とすのはあまりおすすめできないので、きちんと確認してから購入しましょう。